成分

寿命を延ばす!ドッグフード選び方

愛犬の弱点を補う成分が入っているものを選びましょう。
犬種によってかかりやすい病気が定まっていますので、その病気を防ぐことができる成分を含んでいるフードをまずは探しましょう!

店舗だと限りがあるので、ネット通販でひととおりのフードを調べることをおススメします。
また、愛犬の特徴や性格がわかってきたら、それにも合わせていけたら理想です。
例えば、うちの子はおてんばでベッドに乗ったり飛び降りたり、関節への負担が心配だわ・・・という場合は、関節を強化するグルコサミンやコンドロイチンを含むフードを選ぶ、ということになります。

安過ぎないものを選びましょう。
極端に安い=品質が悪いということです。
高級なフードを選んでください、というわけではありませんが、適度な値段で、それほど日持ちがしないものを選ぶと良いですよ!
(日持ちがするというのは、何かしらの加工がされているわけなので、疑った方が良いです)

添加物の入っていないドッグフードを選びましょう。
添加物はどのようなものであれ、体に悪影響を及ぼします。
フードは毎日朝晩食べるものなので、しっかりと体に蓄積されてしまいます。
たとえ長生きしても、若くして病気になってしまっては、愛犬も幸せではないでしょう。

腸内環境に良い成分が入っていればなお良いです。
長寿の秘訣は腸内環境と言いますよね!
乳酸菌などの菌類、食物繊維などは腸内環境改善に良いとされています。
20才まで元気にお散歩に行くことができ、たらふくごはんを食べることができ、自然の姿のまま、老衰で、飼い主のそばで亡くなってほしいですよね。
賢くドッグフード選びをしていきましょう。