成分

おすすめしたいドッグフードの成分

必ず含まれていなければならない成分はこちらです。
①必須アミノ酸10種類
イソロイシン、ロイシン、バリン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、アルギニン、ヒスチジンが、犬にとっての必須アミノ酸です。
一般的な肉をメインにしたドッグフードではほぼ網羅されていますので、この項目については心配しなくても良さそうです。

②動物性蛋白質が多い
犬はもともと肉を食べていた生き物(動物学上は雑食ですが)です。
たんぱく質さえあれば、健康に生きていけます。
一方、炭水化物や脂肪が摂取割合の中で高くなってくると、生命の維持ができなくなってしまいます。
 
最近は、安く生産するために、あるいはダイエット用にと、トウモロコシ粉や米粉などの炭水化物を多めに配合しているドッグフードが見受けられます。
が、この食事を続けていると、長期的に見て病気にかかりやすくなってしまいます。
たんぱく質(理想は「肉」)が豊富なドッグフードを選びましょう!
 
③ミネラルがたくさん(「粗灰分」ともいう)
カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、亜鉛などで、体の構成や維持に関わっています。
ミネラル不足は様々な病気の原因となるので、ちゃんと含有されているものを選びましょう。
ただし、多すぎもよくないので、10%以下が理想です。
ミネラル不足はカロリー不足より早く死に至るという、実はとっても大切な成分なんです!

ドッグフードを買うときは表示を見ることが大切です。
企業には法律により成分を細かく表示する義務がありますので、賢い消費者として取捨選択したいですね。